はじめに

青森県は脳卒中多発地域であり、その治療の中核は脳神経外科医が担っています。しかし、現在人口当たりの脳神経外科医数は全国で最低レベルです。脳卒中などの救急疾患患者を多く救い、かつ脳神経外科高度先端医療を実践し、さらに脳科学研究を推進するために一人でも多くの若者が脳神経外科医を目指すことを期待しています。脳神経外科を専攻する資格は、『脳神経外科医になるという信念を持っていること』と、『自信および謙虚さを兼ね備えた人間性を有すること』のみです。

基本理念(教育の目標)
1.10〜12年で、一般的な脳神経外科手術手技を全て習得し、いかなる病院においても長として勤務し得る脳神経外科医師を育成することを最低限の目標としています。
2.さらに特殊分野の臨床・研究に精通しその分野において、世界的脳神経外科医になるべく指導を行います。
待遇及び特典

◆待遇(給与)

脳神経外科医としての特殊性(責任、リスク等)を鑑み、アメリカ式の考えをもとに他科医以上の待遇を保証します。

◆女性医師

「社会を形成するためには女性の結婚・出産・育児は尊重されるべきである」という基本的考えから、勤務先・勤務内容(専門分野)などは希望を配慮し決定します。

◆留学

留学を推奨しています。留学中の身分は弘前大学職員として収入を保証しています。過去5年間の留学先は以下の如くですが、希望によりいかなる留学先も開拓可能です。

・テネシー大学脳神経外科(米)
・ピッツバーグ大学脳神経外科(米)
・トロント大学脳神経外科(カナダ)
・アルバータ大学脳神経外科(カナダ)
・ロマ・リンダ大学脳神経外科(米)
・東京女子医科大学脳神経外科
・名古屋大学脳神経外科
・鹿児島大学脳神経外科

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ